床用塗料Floor

ボウジンテックスエポキシパテ

エポキシ樹脂系で肉やせの少ない高強度の不陸調整用充填材です。

用途

  • モルタル・コンクリート面のクラック・不陸の充填

特長

  • 肉痩せが少ない。
  • 主剤:硬化剤の混合比が1:1で、作業性に優れる。
  • 主剤白、硬化剤黒の組み合わせなので混合状態がわかりやすい。
    (混合するとグレーになる)

塗装仕様

上塗りがボウジンテックス#2000の場合
工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整1 新打設のコンクリート面では、夏季30 日以上、冬季40 日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14 日以上、冬季20 日以上)、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ずポリッシャーまたはライナックス等で塗料が含侵する下地面になるまで目粗しを行う。既設モルタル・コンクリート面では、油分・ゴミ・ホコリ・泥等を丁寧に除去する。
素地調整2 クラック部はUカットし、不陸部は脆弱層を除去する。次いで丁寧に清掃し、充分乾燥させる。
下塗り ボウジンテックス浸透性シーラーエポ
主剤10.5kg 硬化剤3.5kg
ハケ
ローラー
1 0.12~0.16 88~117 1h以内 4h以上
48h以内
不陸調整 ボウジンテックスエポキシパテ
主剤2kg 硬化剤2kg
パテべら ※表1参照 ※表2参照
上塗り ボウジンテックス#2000
主剤12kg 硬化剤4kg
13~25%
#2000シンナー
ハケ
ローラー
2 0.16~0.2 40~50 5h以内 6h以上 16h以上
完全硬化
2日以上

希釈率は、フィラーを除く主剤・硬化剤合計に対する率です。

【表1】ボウジンテックスエポキシパテの可使時間
気温
10℃ 20℃ 30℃
S型 使用不可 20分以内 10分以内
W型 15分以内 10分以内 5分以内

【表2】ボウジンテックスエポキシパテを施工してから上塗り塗装までの塗装間隔
気温
10℃ 20℃ 30℃
S型 水系上塗材 使用不可 4h以上 2h以上
中・厚膜型上塗材 4h以上 2h以上
溶剤系上塗材 5h以上 3h以上
W型 水系上塗材 4h以上 2h以上 1.5h以上
中・厚膜型上塗材 4h以上 2h以上 1.5h以上
溶剤系上塗材 5h以上 3h以上 2h以上

硬化不良のおそれがありますので、S型は10℃以下で使用しないでください。

  • この製品のカタログ、SDSをダウンロードする事ができます。

    カタログをダウンロード

    SDSをダウンロード

    カタログは、文字のズレなどにより一部読みづらい箇所があります。あらかじめご了承ください。
    記載の内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。詳細につきましては最新カタログ・塗装仕様・SDS等でご確認ください。
    カタログPDFデータを印刷する際、「統合中」と表示され印刷できない場合は、[印刷]→[詳細設定]の「画像として印刷」にチェックを入れて再度印刷をお試しください。