床用塗料Floor

ボウジンテックスマークストップ

汚染防止床用クリヤートップ
厚生労働省の室内空気汚染13物質無配合

工場床のフォークリフトのタイヤマークや廊下床等のヒールマークの付着による汚染を防止する目的で開発された、作業性の良好な溶剤系1液湿気硬化型ポリウレタン樹脂クリヤー塗料です。特に耐摩耗性、耐すり傷性に富んだ樹脂を使用していますので、これら圧着等による汚染を防止します。

用途

  • 各種工場、倉庫等でフォークリフトが走行する床
  • 工場、廊下、ロビー、事務室等で耐すり傷性や耐ヒールマーク性が要求される床
  • 一般工場・倉庫
  • 運搬車両使用工場
  • 機械工場
  • 化学薬品工場・印刷工場
  • 食品工場
  • 自動車修理工場
  • 電気室・ボイラー室
  • 屋内パーキング

特長

  • フォークリフトなどの耐タイヤマーク性に優れる
  • ハイヒール、安全靴などの耐ヒールマーク性に優れる
  • 耐摩耗性、耐スリキズ性に優れ、床を保護する
  • コンクリート地肌の質感を生かすとともに耐摩耗性が向上
  • 1液型で使いやすい

塗膜性能

試験項目 試験方法 結果
引っかき硬度
(鉛筆法)
JIS K 5600-5-4に準ずる。
すり傷
2H
耐摩耗性
(mg)(摩耗輪法)
JIS K5600-5-9に準ずる。
摩耗輪CS-17荷重500g×2・1000回転
18±5
耐水性 JIS K 5600-6-1に準ずる。
水道水に7日間浸せき
異常なし
耐アルカリ性 JIS K 5600-6-1に準ずる。
炭酸ナトリウム5%水溶液に48時間浸せき
異常なし
耐酸性 JIS K 5600-6-1に準ずる。
硫酸5%水溶液に48時間浸せき
異常なし
耐温水性 50℃温水に48時間浸せき 異常なし
耐候性 屋外暴露1週間 黄褐色変
塗料の外観 淡黄色クリヤー
ホルムアルデヒド
放散量
JIS K 5970  デシケータ法 0.12mg/L以下
F☆☆☆☆

塗装仕様

適応塗料の場合(例)ボウジンテックス エポワイド
工程 使用塗料 希釈割合
(シンナー)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 歩行可能
素地調整 新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日以上、冬季20日以上 )、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ずポリッシャー又はライナックス等でプライマーが含浸する下地面になるまで目荒らしを行い、次いで丁寧に清掃する。既設モルタル・コンクリート面では、油分・ゴミ・ホコリ・泥等を丁寧に除去・清掃し、充分乾燥させる。また、クラック・不陸等はプライマー工程後、あらかじめエポキシパテ等で充填する。
下塗り ボウジンテックス
浸透性シーラーエポ
主剤10.5kg 硬化剤3.5kg
フィラー2.5kg
ハケ
ローラー
1 0.16〜0.20
(フィラー含む)
83〜103 1h以内 4h以上
48h以内
上塗り ボウジンテックスエポワイド
主剤12.5kg 硬化剤2.5kg
ハケ
短毛
ローラー
1 0.5〜0.8 ルールにより
18.8〜30
30分以内 16h以上
トップ
コート
ボウジンテックス
マークストップ
16kg
既調合 ハケ
ローラー
1 0.1〜0.12 133〜160 16h以上
完全硬化
3日以上

塗付量にはシンナーは含まれていません。塗付量は条件により増減します。
シンナー塗装の際、すい込みがはげしい場合はフィラーなしの浸透性シーラーエポを再度塗装してください。

モルタル・コンクリート面
工程 使用塗料 希釈割合
(シンナー)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 歩行可能
素地調整 新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日以上、冬季20日以上 )、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ず小面積でテストを行い、ボウジンテックスマークストップが含浸することを確認してから全塗装をする。含浸が不充分な場合はポリッシャー等で目荒らしを行う。(目荒らしの傷が残ることがあります。)既設モルタル・コンクリート面では、油分・ゴミ・ホコリ・泥等を丁寧に除去・清掃し、充分乾燥させる。
上塗り ボウジンテックスマークストップ
16kg
既調合 ハケ
ローラー
2〜(3) 0.1〜0.14 57〜80
(38)〜(53)
3h以上
48h以内
16h以上
完全硬化
3日以上

塗付量は条件により増減します。また、クリヤー仕上げのためエポキシパテ等で充填した部分は目立ちます。

  • この製品のカタログ、SDSをダウンロードする事ができます。

    カタログをダウンロード

    SDSをダウンロード

    カタログは、文字のズレなどにより一部読みづらい箇所があります。あらかじめご了承ください。
    記載の内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。詳細につきましては最新カタログ・塗装仕様・SDS等でご確認ください。