床用塗料Floor

水系ボウジンテックスU

地球にやさしく、強く、美しく

環場にやさしく、安全に施工ができ、高レベルの光沢を有する塗料です。水系塗料でありながら非常に早い乾燥性を持ち、工程短縮が可能です。耐汚染性に優れ、タイヤマークがつきにくく、さらに優れた耐候性を発揮しますので外部での使用も可能です。

用途

  • 強靭な塗膜を必要とする一般工場・倉庫
  • リフトが走行する工場や倉庫
  • 耐油性、耐薬品性が要求される機械・印刷工場
  • 防滑性が必要な屋内パーキング(防滑仕上げ)
  • 耐候性が必要な屋外パーキングや遊歩道など
  • 一般工場・倉庫
  • 食品工場
  • 化学薬品工場・印刷工場
  • 運搬車両使用工場
  • 電気室・ボイラー室
  • 屋内パーキング
  • 屋外パーキング
  • 遊歩道・広場・サイクル広場

特長

  • 水分散型でありながら優れた乾燥性を有する
  • 水分散型ポリウレタンでありながら高光沢で強靭な塗膜が得られる
  • 水分散型なので火災の危険性が少ない
  • 水分散型なので溶剤臭が少ない
  • 耐候性がよく、外部用途に使用可能
  • 旧塗膜を選ばず直接塗装が可能(溶剤系アクリル旧塗膜に対してはプライマーが必要となります)

塗膜性能

試験項目 試験方法 結果
鏡面光沢度 JIS K 5600-4-7に準ずる
ガラス板に塗付500μm,60度
75以上
引っかき硬度
(鉛筆法)
JIS K 5600-5-4に準ずる
すり傷
F
耐摩耗性
(mg)(摩耗輪法)
JIS K 5600-5-9に準ずる
摩耗輪CS-17荷重500g×2, 1000回転
60±5
耐水性 JIS K 5600-6-1に準ずる
水道水に7日間浸漬
異常なし
耐アルカリ性 JIS K 5600-6-1に準ずる。
炭酸ナトリウム5%水溶液に48時間浸漬
異常なし
耐酸性 JIS K 5600-6-1に準ずる。
硫酸5%水溶液に48時間浸漬
異常なし
耐温水性 JIS K 5600-6-1に準ずる。
50℃温水に48時間浸漬
異常なし
耐汚染性 タイヤマークテスト
23℃乾燥7日後にタイヤ片で強く擦る
支障なし
ホルムアルデヒド
放散量
JJIS K 5970  デシケータ法 0.12mg/L以下
F☆☆☆☆

塗装仕様

モルタル・コンクリート面

①平滑仕上げ
工程 使用塗料 希釈割合
(清水)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日以上、冬季20日以上 )、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ずポリッシャーまたはライナックス等でプライマーが含浸する下地面になるまで目荒らしを行い、次いで丁寧に清掃する。既設モルタル・コンクリート面では、油分・ホコリ・泥等を丁寧に除去・清掃し、充分乾燥させる。また、クラック・不陸等はプライマー工程後、あらかじめエポキシパテ等で充填する。
下塗り 水系ボウジンテックス
エポキシシーラーII
主剤7kg 硬化剤7kg
既調合 ハケ
ローラー
1 0.12〜0.16 88〜116 60分以内 - 4h以上
48h以内
上塗り 水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kg ハケ
ローラー
2 0.11〜0.16 44〜64 3h以内 2h以上
48h以内
6h以上
完全硬化
2日以上

塗付量には希釈水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。
上塗り1階目に歩行用防滑骨材を混合することにより、軽歩行用防滑仕上げが可能。(添加量:300g/1缶)
施工気温が15℃以下の場合、上塗り施工後にクラックが発生することがありますので、下塗りにボウジンテックス強化シーラーをご使用ください。
注意:シーラーの吸い込みが激しい場合は、シーラーを2回塗装してください。

②防滑仕上げ
工程 使用塗料 希釈割合
(清水)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日以上、冬季20日以上 )、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ずポリッシャーまたはライナックス等でプライマーが含浸する下地面になるまで目荒らしを行い、次いで丁寧に清掃する。既設モルタル・コンクリート面では、油分・ホコリ・泥等を丁寧に除去・清掃し、充分乾燥させる。また、クラック・不陸等はプライマー工程後、あらかじめエポキシパテ等で充填する。
下塗り 水系ボウジンテックス
エポキシシーラーII
主剤7kg 硬化剤7kg
既調合 ハケ
ローラー
1 0.12
〜0.16
88〜116 60分以内 - 4h以上
48h以内
中塗り 水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kg ハケ
ローラー
1 0.11
〜0.16
88〜127 3h以内 2h以上
48h以内
硅砂散布 中塗り乾燥までに7号硅砂を0.1〜0.3kg/㎡均一に散布する。
上塗り 水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kg ハケ
ローラー
2 0.11
〜0.16
44〜64 3h以内 2h以上
48h以内
6h以上
完全硬化
2日以上

塗付量には希釈水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。
施工気温が15℃以下の場合、上塗り施工後にクラックが発生することがありますので、下塗りにボウジンテックス強化シーラーをご使用ください。
注意:シーラーの吸い込みが激しい場合は、シーラーを2回塗装してください。
7号硅砂より大きい硅砂で施工すると、摩擦等により硅砂が脱落しやすくなります。

③その他下塗り材
下塗り ボウジンテックス強化シーラー
16kg
0〜2L
#5000Uシンナー
ハケ
ローラー
1 0.12
〜0.16
100
〜133
5h以上
24h以内

旧塗膜面の塗り替え

工程 使用塗料 希釈割合
(清水)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 下地の汚れ・ゴミ・油分を除去し、必要に応じてサンダーにて目荒らしを行う。旧塗膜の死膜(フクレ、浮き、ハガレ部)をケレンし、活膜だけを残す。ワックスが塗付されている場合は除去して充分乾燥させる。
上塗り 水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kg ハケ
ローラー
2 0.11〜0.16 44〜64 3h以内 2h以上48h以内 6h以上
完全硬化
2日以上

塗付量には希釈水が含まれておりません。塗付量は条件により増減します。
溶剤系アクリル旧塗膜(ボウジンテックス#1000)は水系ボウジンテックス塗替用プライマーが必要です。

溶剤系アクリル旧塗膜面の塗り替え

工程 使用塗料 希釈割合
(清水)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 下地の汚れ・ゴミ・油分を除去し、必要に応じてサンダーにて目荒らしを行う。旧塗膜の死膜(フクレ、浮き、ハガレ部)をケレンし、活膜だけを残す。ワックスが塗付されている場合は除去して充分乾燥させる。
下塗り 水系ボウジンテックス
塗替用プライマー
主剤5kg 硬化剤2kg
1kg ハケ
ローラー
1 0.06
〜0.08
88〜117 40分以内 8h以上
48h以内
上塗り 水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kg ハケ
ローラー
2 0.11
〜0.16
44〜64 3h以内 2h以上
48h以内
6h以上
完全硬化
2日以上

塗付量には希釈水が含まれておりません。塗付量は条件により増減します。
溶剤系アクリル旧塗膜(ボウジンテックス#1000)は水系ボウジンテックス塗替用プライマーが必要です。

  • この製品のカタログ、SDSをダウンロードする事ができます。

    カタログをダウンロード

    SDSをダウンロード

    カタログは、文字のズレなどにより一部読みづらい箇所があります。あらかじめご了承ください。
    記載の内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。詳細につきましては最新カタログ・塗装仕様・SDS等でご確認ください。