屋根用塗料Roof

パワーフロンマイルド

より強く、より永く、より経済的に、美を求めて

フッ素樹脂塗料の最大の特長は耐久性。多種ある建築用塗料の中で最高の耐久性を有します。そのため、メンテナンスが困難な超高層ビル・大型鋼構造物を中心として数多くの建築物に採用されてきました。また、この抜詳の塗膜寿命によ塗り替え回数が少なくなることで、ライフサイクルコスト(LCC)が低減します。 「パワーフロンマイルド」は、この耐久性、経済性に加え、様々な下地に適応する付着性と可とう性を有することで、高層ビルだけでなく、工場や一般住宅などの幅広い場面に適応します。「パワーフロンマイルド」は水谷ペイントが、より強く、より永く、より幅広く、より経済的に美しさを求めて開発した超耐久性屋根用塗料です。

用途

窯業系屋根材

  • 住宅屋根用化粧スレート、波形スレート(アスベスト含有)
  • ノンアスベスト波形スレート

    ノンアスベスト波形スレートへの塗装は1液ノンアスシーラーを使用してください。

  • プレスセメントがわら
  • 陶器瓦(釉薬瓦・無釉瓦)

    日本瓦(いぶし瓦)への塗装は避けてください。

  • モニエル瓦

    モニエル瓦への仕様は特別仕様となるため、当社営業担当者にお問い合わせ下さい。

金属系屋根材

金属の種類によっては付着しないものありますので、当社営業担当者にお問い合わせ下さい。

  • カラー鋼板(カラートタン、カラーステンレス、カラーガルバリウム)、亜鉛めっき鋼板
  • フッ素鋼板

特長

耐酸性・対アルカリ性
耐薬品性に優れるフッ素樹脂が分子レベルで性能を発揮します。
防カビ・防藻性
屋根の美しさを損ない劣化を促進させるカビや藻を長期間にわたって防ぎます。
高艶有り
バランスのとれた塗料設計にすることで高光沢な塗膜を形成します。
幅広い素材に適応
下塗り材との相性が良く、下塗り材の選別によって種々の屋根基材に適応します。
弱溶剤型塗料の優れた機能
地球環境にやさしく、安全な作業環境を提供します。弱溶剤型ですので幅広い塗り替えに適しています。溶剤型塗料に比べ臭気が少なく、塗装作業性に優れています。
優れた作業性
ハケ・ローラーへの含みが良く作業性に優れています。また、隠ぺい力も良好で、2回塗りで下地の透けや艶ムラを抑えます。

塗膜性能

試験項目 試験方法 結果
光沢 JIS K 5600に準ずる 83±2
鉛筆硬度 JIS K 5600に準ずる H
付着性 JIS K 5600に準ずる(クロスカット法 1mm幅) 異常なし
耐水性 水道水23℃×30日間浸せき 異常なし
耐温水性 水道水50℃×7日間浸せき 異常なし
耐酸性 5%硫酸 7日間浸せき 異常なし
耐アルカリ性 5%NaOH(カセイソーダ)水溶液7日間浸せき 異常なし
温冷繰り返し (ー20℃×16h・50℃×8h)20サイクル 異常なし

塗装仕様

窯業系屋根材

住宅屋根用化粧スレート・波形スレート(アスベスト含有)
工程 使用塗料 調合割合
(RMシンナー)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 劣化塗膜、脆弱部分、塵あい、コケ、油脂類等は高圧洗浄、ワイヤーブラシで除去し、乾燥したきれいな面とする。
下塗り マイルド浸透シーラー
主剤14kg 硬化剤1kg
既調合 ハケ・ローラー
エアレス
1(〜2)※ 0.1〜
0.15
100〜150
(50〜75)
5h以内 2h以上
3日以内
上塗り パワーフロンマイルド
主剤14kg 硬化剤2kg
2〜4L ハケ・ローラー 2 0.12〜0.15 53〜67 4h以内 4h以上
10日以内
16h以上
5〜7L エアレス 0.13〜0.16 50〜62

15年以上経過した基材など、基材表面が劣化し脆弱になっている場合、マイルド浸透シーラーを2回塗りしてください。
急勾配な住宅屋根用化粧スレートへの塗装には、すべり防止としてボウジンテックス歩行用防滑骨材をマイルド浸透シーラー15kgに対して50〜100g添加し使用してください。
エポックマイルドシーラーも使用できます。

ノンアスベスト波形スレート
工程 使用塗料 調合割合
(RMシンナー)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 劣化塗膜、脆弱部分、塵あい、コケ、油脂類等は高圧洗浄、ワイヤーブラシで除去し、乾燥したきれいな面とする。
下塗り 1液ノンアス用シーラー
15kg
既調合 ハケ・ローラー
エアレス
1(〜2)※ 0.1〜0.14 107〜150
(54〜75)
2h以上
72h以内
上塗り パワーフロンマイルド
主剤14kg 硬化剤2kg
2〜4L ハケ・ローラー 2 0.12〜0.15 53〜67 4h以内 4h以上
10日以内
16h以上
5〜7L エアレス 0.13〜0.16 50〜62

屋根材のスレートの吸い込みが激しい場合、もしくは繊維の毛羽立ちが目立つ場合は2回塗りしてください。
(外観仕上がりを重視される場合)
仕上がりを更に重視される(繊維の毛羽立ちを目立たなくする)場合は、1液ノンアス用シーラー15kgにボウジンテックスフィラー2.5kgを混合、沈殿しない様に混ぜながら使用してください。(シーラーは2回塗りが必要)
エポックマイルドシーラーも使用できます。

プレスセメントがわら
工程 使用塗料 調合割合
(RMシンナー)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 劣化塗膜、脆弱部分、塵あい、コケ、油脂類等は高圧洗浄、ワイヤーブラシで除去し、乾燥したきれいな面とする。
下塗り RMプライマー
主剤14kg 硬化剤1kg
1〜2.5L ハケ・ローラー 1 0.11〜0.15 100〜136 4h以内 4h以上
10日以内
2.5〜5L エアレス 0.15〜0.17 88〜100
上塗り パワーフロンマイルド
主剤14kg 硬化剤2kg
2〜4L ハケ・ローラー 2 0.12〜0.15 53〜67 4h以内 4h以上
10日以内
16h以上
5〜7L エアレス 0.13〜0.16 50〜62

塗付量に清水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。

乾式用瓦(モニエル瓦・スカンジア瓦)
工程 使用塗料 調合割合
(RMシンナー)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 劣化塗装、剥離塗装、脆弱なスラリー層等をデッキブラシ、ワイヤーブラシ、皮スキ等を用い、手作業で除去する。最後に高圧洗浄(吐出圧力12MPsa{120kgf/㎠}程度)で完全に洗浄な被塗面にする。脆弱なスラリー層が残った場合は、シーラーの付着不良を起こす可能性があるので完全の取り除く。
下塗り エポックマイルドシーラー
主剤10kg 硬化剤1kg
0(注1) ハケ・ローラー 1(〜2) 0.15〜0.2 55〜73
(28〜37)
8h以内 5h以上
7日以内
エアレス
確認 シーラー塗装後ガムテープ等で付着性を必ず確認してください。
1.テープに着色スラリー層が付着する場合は、再度シーラーを塗装してください。
2.テープに旧塗膜が付着する場合は、塗膜のフクレ、剥離、及びリフティングが発生する場合があります。再度ケレン作業を行い付着不良の旧塗膜を除去後、再度シーラー塗装してください。
上塗り パワーフロンマイルド
主剤14kg 硬化剤2kg
2〜4L ハケ・ローラー 2 0.12〜0.15 53〜67 5h以内 4h以上
10日以内
16h以上
5〜7L エアレス 0.13〜0.16 50〜62

(注1)冬場や、基材の状態により塗料の溜まり部が発生するなど乾燥性が懸念される場合は、No.1塗料用シンナー(塗シンA)で2L程度希釈し、約半量で2回塗装してください。

20年以上経過した基材等、基材表面が劣化し脆弱になっている場合は、エポックマイルドシーラーを2回塗装してください。
塗付量にはシンナー・希釈水は含まれません。塗付量は条件により増減します。

釉薬瓦(陶器瓦)・無釉瓦(素焼き瓦)
工程 使用塗料 調合割合
(RMシンナー)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 塵あい、コケ、油脂類等は高圧洗浄、ワイヤーブラシで除去し、乾燥したきれいな面とする。
下塗り 陶器瓦用プライマー
主剤16kg 硬化剤2kg
0〜1.5L ハケ・ローラー 1 0.14〜0.16 113〜129 4h以内 16h以上
10日以内
1.5〜2.5L エアレス 0.21〜0.23 78〜86
上塗り パワーフロンマイルド
主剤14kg 硬化剤2kg
2〜4L ハケ・ローラー 2 0.1〜0.12 67〜80 4h以内 4h以上
10日以内
16h以上
5〜7L エアレス 0.11〜0.13 62〜73

塗付量に清水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。

金属系屋根材

工程 使用塗料 調合割合
(RMシンナー)
塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 さびの発生が進行していたり、ワレ、ハガレ等のある場合は、3種ケレンにより錆や死膜を除去する。ゴミ、汚れ、油分を除去し、乾燥したきれいな面とする。

カラー鋼板(カラートタン、カラーステンレス、カラーガルバリウム)、亜鉛めっき鋼板
下塗り RMプライマー
主剤14kg 硬化剤1kg
1〜2.5L ハケ・ローラー 1 0.11〜0.15 100〜136 4h以内 4h以上
10日以内
2.5〜5L エアレス 0.15〜0.17 88〜100
上塗り パワーフロンマイルド
主剤14kg 硬化剤2kg
2〜4L ハケ・ローラー 2 0.1〜0.12 67〜80 4h以内 4h以上
10日以内
16h以上
5〜7L エアレス 0.11〜0.13 62〜73

塗付量に清水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。

カラー鋼板、亜鉛めっき鋼板で錆が著しい場合
下塗り エポックマイルド#2000
主剤16kg 硬化剤2kg
0〜1.5L ハケ・ローラー 1 0.14〜0.16 113〜129 7h以内 16h以上
10日以内
1.5〜2.5L エアレス 0.21〜0.23 78〜86
上塗り パワーフロンマイルド
主剤14kg 硬化剤2kg
2〜4L ハケ・ローラー 2 0.1〜0.12 67〜80 4h以内 4h以上
10日以内
16h以上
5〜7L エアレス 0.11〜0.13 62〜73

塗付量に清水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。

フッ素鋼板
下塗り フッ素鋼板用プライマー
主剤14kg 硬化剤1kg
1〜2.5L ハケ・ローラー 1 0.11〜0.15(※1) 100〜136 4h以内 4h以上
10日以内
2.5〜5L エアレス 0.15〜0.17(※1) 88〜100
上塗り パワーフロンマイルド
主剤14kg 硬化剤2kg
2〜4L ハケ・ローラー 2 0.1〜0.12 67〜80 4h以内 4h以上
10日以内
16h以上
5〜7L エアレス 0.11〜0.13 62〜73

塗付量にシンナーは含まれていません。塗付量は条件により増減します。
(※1)塗付量はグレーと赤さび色の塗付量です。白とサーモクリ−ムを施工する場合は、以下の塗付量を参考にしてください。
ハケ・ローラーの場合0.15kg〜0.17kg/㎡/回
エアレス塗装の場合は0.17kg〜0.19kg/㎡/回

  • この製品のカタログ、SDSをダウンロードする事ができます。

    カタログをダウンロード

    SDSをダウンロード

    カタログは、文字のズレなどにより一部読みづらい箇所があります。あらかじめご了承ください。
    記載の内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。詳細につきましては最新カタログ・塗装仕様・SDS等でご確認ください。